歴史ある温泉

日本を代表する有馬の湯
有馬温泉(ありまおんせん)は、日本で古くからの歴史がある温泉のひとつとして名前が挙げられます。
江戸時代の儒学者・林羅山は「三名泉」(有馬・草津・下呂)と評し、日本書記・風土記には「三古泉」(有馬・道後・白浜)、『枕草子』に「三名泉」(有馬・榊原・玉造)と記されます。 また、「三大薬泉」(有馬・草津・松之山)としても知られています。
有馬温泉のお湯は環境省が療養泉として指定をしている単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、 硫黄泉、放射能泉の7つの主成分が含まれており、世界的にも珍しい多くの成分が混合した温泉です。
一般的には有馬温泉は金泉と銀泉があり、空気に触れて色が変わる温泉は「金泉」と呼ばれ、有馬温泉の金泉は鉄分、塩分を多く含む赤茶色の温泉です。 それ以外の透明な温泉を「銀泉」と呼び、有馬温泉では、炭酸泉、ラドン泉などになります。
  • 有馬温泉元湯龍泉閣

    [大和飛鳥時代] 舒明天皇 孝徳天皇 柿本人麻呂 [奈良時代] 行基 [平安時代] 和泉式部 藤原道長 白河法皇 後白河法皇 小野小町 在原業平 西行 仁西 [鎌倉時代]...... 詳しく見る

  • 有馬温泉元湯龍泉閣

    温泉番付とは、温泉地を大相撲の番付に見立てたもので、温泉の効能の高さを元にランク付けされており、単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、放射能泉の...... 詳しく見る

  • 有馬温泉元湯龍泉閣

    明智光秀、柴田勝家、織田信孝とライバルを次々と打ち破って天下統一の目途がついた1583年に、秀吉は有馬温泉を訪れ、長らく続いた戦で疲れた心身を有馬の名湯で癒しました。これが記録に残る...... 詳しく見る

  • 有馬温泉元湯龍泉閣

    有馬温泉で湧き出るお湯は、温泉地特有の火山活動による湧出ではなく、火山活動がない場所に湧く温泉として他の温泉に比べ特異性があるとされています。 有馬温泉の「金泉」といわれる、高温・高成...... 詳しく見る

  • 龍泉閣に湧く自家金泉

    有馬温泉の源泉旅館「元湯 龍泉閣」では、敷地内に湧く自家源泉の温泉を使用しております。 万病に効くと言われ、古来数多くの人々が湯治のために有馬を訪れています。 またアトピーなどの慢性皮膚病などの治療にも効果があります。 寝る前に入浴すると翌朝まで体がポカポカし、運動をした後に入浴すると、筋肉痛も和らぎます。 湯量豊富、そして良質な金泉の源泉を持つ有馬温泉の旅館「元湯 龍泉閣」の泉質をご体感ください。

    龍泉閣温泉分析書別表より
    泉 質
    含鉄(Ⅱ、Ⅲ)-ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性・中性・低温泉)
    一般的適応症
    筋肉若しくは関節の慢性的な痛みまたはこわばり
    (関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫どの慢性期)
    泉質別適応症
    きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症
    (関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫どの慢性期)